初心者まとめ

【クラロワ】ジャイアント対策!後衛から処理を意識しよう!

ろなうど
ろなうど
ジャイアントの下方を待ち望んでいるろなうどです
ジャイアント強すぎ…体力高すぎて止まらない…

と、日頃ジャイアントの対策に苦戦している方は、今回の内容を意識するだけでもだいぶジャイアントに対する苦手意識もなくなると思います。

ジャイアントやゴーレムの対策の基本として後衛から処理するのが鉄則です。

なぜならジャイアントやゴーレムなどの重量級デッキの怖さは、重量級ユニットではなく後ろからサポートする後衛ユニットにあるからです。

今回はジャイアントデッキに対しての立ち回りを基本と応用に分けて紹介します。

ジャイアントの対策 基本編

ジャイアントは5コストにしては体力が高く、攻撃力も高いユニットです。

できればタワーには近づけたくないユニットの1つだと思います。

ではどうすればHP3344(大会レベル)のジャイアントを自陣内で処理できるのでしょうか?

建物で遠回りさせる

建物を置くことでジャイアントを最大距離歩かせることができます。

http://crkouryaku.com/2018/05/24/%E3%80%90%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%83%AF%E3%80%91%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E5%BB%BA%E7%89%A9%E3%81%AE%E4%BD%8D%E7%BD%AE%E3%81%AF%EF%BC%9F%E8%A6%9A%E3%81%88%E3%81%A6%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90/

建物を設置することで、ジャイアントを引き寄せてダメージを与えながら、後衛のユニットも分断することができます。

分断することでより後衛のユニットが処理しやすくなります。

高火力ユニットで倒す

ペッカデッキならば迷わずペッカを当てましょう。

ミニペッカ、バーバリアン、スケルトンの群れなどの高火力ユニットもジャイアントに当てることで素早く処理することができます。

ジャイアントを倒す要員として、ジャイアントに合わせて出せるように高火力のカードは手札に持っておきましょう。

ここまでが皆さん知っているジャイアント対策の基本的な立ち回りです。

次は後衛のユニットも想定した、もう少し細かい部分までフォーカスしたジャイアント対策を解説していきたいと思います。

ジャイアント対策 応用編

建物や高火力のユニットを持っているデッキの場合、ジャイアントに対して有利に立ち回ることができます。

しかしそのまま黙ってジャイアントがやられるのを見守ってくれる相手はなかなかいません。

必ず何かしらの手を打って建物やユニットを破壊しに来ます。

何通りかのシチュエーションを想定して、そのときの立ち回りを解説していきます。

シチュエーションは変わっても、ジャイアントを処理するための時間を稼ぐ、というコンセプトは変わりません。

相手がユニットを橋前から重ねてきた場合

相手が橋前から後衛ユニットを追加してきた場合は

1.後衛ユニットをアイスゴーレムなどで逆サイドに歩かせる
2.アイスゴーレムなどターゲットをとれるユニットを同サイドに出して時間を稼ぐ
3.スケルトンやゴブリンで後衛ユニットのターゲットをとる、あるいは囲んで処理する
4.アイスピで1秒間後衛ユニットの動きを止める
5.丸太でノックバックさせる・ザップで動きを止める
6.ファイボやロケットで一掃する

相手がジャイアントの後衛に橋前からユニットを追加してきたら、これらの方法が効果的です。

相手の後衛ユニットが長距離攻撃ユニットなのか、近距離攻撃ユニットなのか、はたまた範囲攻撃系のユニットなのかを瞬時に判断して、1~6の処理方法を組み合わせて使うようにしてください。

例えばダクプリ+ウィザードの範囲攻撃系のユニットの組み合わせの場合、3で時間を稼ごうとしても一瞬でやられてしまうので、1コストが無駄になってしまいます。

ですので、ダクプリ+ウィザードの場合は、

ダクプリを1で歩かせて、ウィザードは3で処理するなど、臨機応変に対応できるように練習を積みましょう。

手持ちのカードで臨機応変に対応する

相手が空ユニットを川の上から出して来た場合

相手が空ユニットで建物を処理しようと川の向こうからユニットを出してくる場合があります。

コウモリ・ガーゴイル・ガーゴイルの群れ・ベビドラ・ホバリング砲

これらの空ユニットであれば、橋前にユニットを追加してきた場合と同じで、アイゴレでターゲットをとることができます。

しかし、バルーンの場合はアイゴレには反応しないので、対空ユニットをしっかりとバルーンに当てることが重要です。

それでも呪文で対空ユニットが死んでしまい、手札に切れるカードがなかったら大人しくタワーを捨てましょう。

2周目の建物が回るような高回転デッキならば、2周目の建物でバルーンをタワーから遠ざけることも出来ます。

相手が呪文の入っていないジャイバルーンデッキの場合は、建物の近くにユニットを置くことができるので、アイスピやファイボと組み合わせることで比較的楽に抑えることができます。

呪文入りのジャイバルーンデッキのときは遠距離攻撃ユニットの位置に注意

相手が建物またはユニットに対して呪文を使ってきた場合

相手が建物(ここでは大砲)かユニット(ここではマスケット)のどちらかに呪文を撃ってきたら、巻き込まれない限りどちらかが生き残るので、ジャイアントを溶かすのに支障は出ません。

大砲に呪文を撃たれて大砲を壊されて、ジャイアントがタワーにタゲってしまうのではないか。

その心配は無用です。

まだ相手の陣内にジャイアントがいる段階で早めに建物を置きます。

そうすると、余程エリクサーコストが重いデッキでなければ、ジャイアントが自陣に入ってきてから再び手札に建物を回すことができます。

そうすれば、仮に呪文で建物を壊されたとしても、すぐそばに建物を瞬時に出して、再びジャイアントのターゲットを建物でとることができます。

ユニットに呪文を撃ったら建物が生きる。建物に呪文を撃ったら2週目の建物が回る。

まとめ

ジャイアント本体に対しての基本的な対策法、そして少し発展的な、ジャイアントの後衛ユニットの対策法についても解説していきました。

コツはジャイアントを溶かすまでの時間を、後衛ユニットをしっかりと足止めしたうえで稼ぐことです。

文字を読んだだけでは言葉で理解できても、実戦で活かすことはできません。

自然と体が反応するくらいまで知識を昇華できるようにとにかく練習あるのみです!

最後にジャイアントの対策として、細かいシチュエーションでの処理の仕方について解説したファミ通Appさんの記事を載せておきます。

ぜひご一読を。

【クラロワ攻略】ジャイアントデッキの対策・対処法