デッキ対策

【クラロワ】ジャイアント(3スペル)vsジャイ三銃士 立ち回り方

ジャイアント(3スペル)デッキ視点で、対ジャイ三銃士デッキの立ち回り方のポイントをいくつか紹介します。

ジャイ三銃士デッキの代表として、最もオーソドックスな(11月19日時点)ジャイ三銃士デッキを採用します。

相性の良し悪しは◎~××の記号で表しています。

◎:相性がかなり良い 〇:相性が良い △:相性が互角 ×:相性が悪い ××:相性がかなり悪い

3スぺジャイデッキ【△】

VS

ジャイ三銃士デッキ【△】

立ち回り方のポイント

・エリポンにはファイボ
・基本は待ちスタイル
・カウンターと組み立てを使い分ける
・エリアドがとれているときは橋前ジャイ

エリポンにはファイボ

エリポンには基本ファイボを撃ちましょう。

エリポンでエリアドをとられてしまうと、ジャイ三銃士にガゴ群れやゴブギャンも絡められてしまい、守れない形を作られてしまいます。

しっかりとエリポンにファイボを撃てるようになるべく温存しておきましょう。

初手でエリポンに対してファイボが撃てなかった場合は、ジャイ+メガゴ+ザップなどの形を作ってダメージリードをとっておきましょう。

基本は待ちスタイル

ジャイデッキはカウンターが強いので、基本は待ちスタイルです。

初手でジャイアントが来て、こちらから攻められる状況でも相手がユニットを出すのをなるべく待ちましょう

あまり待ちたくないという人は、メガゴやアイスピで様子を見ましょう。

ザップや丸太をタワーに撃って手札を回すというのも効果的です。

カウンターと組み立てを使い分ける

3スぺジャイデッキに限らず、ジャイデッキを使う上で基本的に意識するのは相手の攻めを受けてからの、余ったユニットにジャイアントをつけるカウンターの形です。

攻め切ったあとのエリクサーがないタイミングに、元気なユニットの前にジャイをつけて攻め込めればそのまま押し切ることができます。

しかしカウンターばかりだと攻めが単調になってしまいますし、何よりカウンターを意識するあまり防戦一方になってしまうこともあります。

なので基本はカウンターを意識しながらも、キング後ろからのジャイアントでの組み立てを織り交ぜることも重要です。

相手のデッキや手札、試合の展開も見ながらケースバイケースで使い分けましょう。

エリアドがとれているときは橋前ジャイ

相手のエリクサーがないと思ったときは、積極的に橋前ジャイで追い打ちをかけていきましょう。

相手が呪文を外したとき、相手の防衛ユニットを呪文やユニットでまとめて処理できたときは、橋前ジャイで一気に試合を決めることもできます。